中世が、わからん…。

引き続き、西洋史やってます。

中世ら辺で行き詰まってしまいました…。

なんかもう、教皇・国王・皇帝の違いとか、叙任権とか、ジェントリって何?とか、大主教と大司教の違いは?とか、秘蹟(ひせき)って何だ~とか、カロリング朝とメロヴィング朝ってどっちが先?とか、贖宥ってなんて読むの~~?とかって、頭がパニックです。

いい加減、経済学の勉強に入らないといけないのですが。(。-_-。)


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

うわー!それって私が1月に受験する「ヨーロッパ中世政治思想」の内容そのままじゃないですか!
中世はローマ教皇と皇帝との縄張り争いで、そこに地方の王様が跋扈してきてだんだん王権が強くなっていくって感じでザックリと理解してます。
ヨーロッパ中世政治思想は基本中世だけなんですが、叙任権とか緊急権とか聞きなれないコトバが多くて、今コトバの定義が覚えられなくて苦戦してま〜す❗️どうなることやら…

同じく…

私も漢字わからなすぎて、
辞書のキーボードじゃなく「手書き」で検索するほうから調べることが多いです(> <)
そして総合の西洋史は断念しました…難しいですよね。

Re: No title

エマさん

へぇ〜、ヨーロッパ中世政治思想と似てるんですね。
理解してるじゃないですか〜。

概観をつかもうとしてるんですけど、西洋史のテキストの情報が多すぎて、木を見て森を見ず、状態なんですよね。

もうちょっと頑張ってみます。
エマさんも頑張って〜☆

Re: 同じく…

かぼすさん

そうそう、読み方がわからないから、漢字辞典が大活躍です。(^_^)a

西洋史は、経済史の基礎勉強としていいかな〜と思って始めたんですけど、情報量も多いし文章も難しいので同じくらい手強いな〜という感じです。

西洋史自体は好きなんですけどね〜。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。