経済原論レポート後半完成!

ようやく終わりました~、経済原論後半レポート *\(^o^)/* 久々のテキスト科目のレポートで、かなり体力を消耗した感じです。


書いている途中で行き詰まり、再度塩澤本を読むもやはり理解できず…。どうしても最初の理解でいけるような気がして、冒頭だけ変更して当初案で書き進みました。

ざっくりドラフトのドラフトみたいなものが完成したのですが、要約し過ぎたのか、全体で2000字強しかなく…。

あれ、これって2000字のレポートだったっけと淡い期待を持ちながら学習ガイドを見直したら、やっぱり4000字でした。(^_^;)


経済学系のレポートのいいところは、後から具体例や数式を付け加えることで、それらしく文字数を増やせること。いくつか用語の説明を追加して、新しく「中性的~」と「全要素~」の説明のどちらかを入れたらそれなりになるかな~と考えていたのですが、、力尽きて、中途半端なまとめで3500字で終えました…。


逆に、経済学系のレポート作成で困るのは、先生(著者)によって使う用語の異なること。「○○は、△△ともいいます」的な説明が多くて、
何冊もの本を並行して読んでレポートをまとめていると、誰がどの用語を使っていたか、頭が混乱してきます。同じ理論でも、導出方法が異なると、数式だけ見ても何の説明か分からない…ということがおきます。


ともあれ、後半は完了したので、次、ミクロの前半レポートいきますッ



にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。