経済原論レポ前半の誤算

締め切り日の9/1お昼に、経済原論レポート前半を提出しました。
後半と同じく、過去問に多く出題されている設問を選択。


誤算1
マクロ経済学のレポート後半に比べて、ミクロの方が内容をぼんやり分かっている分書きやすいかな~と思っていましたが、そんなことはなく…。何となく分かるのと、書けるのは別だと再認識しました。


誤算2
マクロ後半レポでは分かり辛いと思っていた塩澤本ですが、ミクロ前半レポート設問に関する箇所を読むと、なんとも過不足ない完璧な文章で感動しました

書く項目が多いので字数が足りないことはないかな~と思って書き始めたものの、「説明しなさい」の設問に対して、説明を書き終わったら2000字で完了…。

さらに具体例と用語説明を付け加え、何とか3600字程度にまとめたものの、内容にムラがあるいびつな構成のレポートに仕上がりました…。2000字なら出来の良いレポートが書けるのにな。


誤算3
正直、「図を用いて~」を甘く見ていました…。 

以前、経済学(総合)のレポートを書いた時は、古いExcelを使っていたのと時間がなかったこともあって、グラフの細かい箇所は手描きしました。今はExcel2013を使用していて、昔に比べて格段にグラフのWordへの挿入が簡単になったとはいえ、慣れていないせいかものすごく時間がかかりました。

グラフ自体が小さかったのも失敗でした。さらに印刷時にもグラフがぐちゃぐちゃになって、やり直しに1時間余計に時間がかかりました…。


とはいえ、目標だった経済原論レポートの前半、後半を出し終えてホッとしています
これで10月試験は4科目を受験予定です。


しかし今日、週末スク夜スクの受講ハガキが届きました。


息つく暇なく、試験勉強スクーリングに突入です


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント