大統領選について考える

11111111分です。だから何だって


え~、いまさらながら大統領選について、です。


ほんとに勝っちゃいましたね、トランプ
私は日本時間の9日お昼頃からCNNのウェブサイトを見ていたのですが、最後に「It's Trump」の文字を見た時は、正直、アメリカ人ってなんてアホなんや…と思いました。

イギリスのEU離脱の時よりもショッキングでしたね。

たしか直前の世論調査はヒラリーが3ポイント差で有利ってことになっていたと思います。私は当日まで、メディアが接戦を煽っているだけで、ほんとはヒラリーが差をつけて勝っちゃうんじゃないの~とさえ思ってました。最終的には290対232の大差だったようです。


今回の大統領選ですが、政治学(総合)のレポートで米大統領選のことを書いていたので、ニュースが今までより、より理解できて嬉しかったです。選挙日は11月の第2火曜日ではなくて、第1月曜日の次の日、なんですよご存知でしたか


今回、大逆転の理由は隠れトランプ(支持)という見方も出ています。これ、私の超個人的な想像なんですが、隠れトランプって白人男性なんじゃないかと思うんです。

なぜかというと、前日のヒラリー優勢が伝えられているニュースで、女性がインタビューに答えているのを見たのですが、「(ヒラリーが女性初の大統領になれば)わたしたち女性の地位も上がるわ」みたいなことを言っていたんですよね。

でも私がアメリカ在住時代に感じたのは、アメリカ人の男性は、女性(私も含めて)に可哀想なくらい虐げられてるな~ってことでした。この上大統領が女性になって、さらに女性が強くなっちゃうと彼らはどうなるんだろうか、と。

なので今回の隠れトランプによる予想外の大逆転は、男性陣のささやかな抵抗なのではないかと。違うかな。笑


でもヒラリーの本当の敗因は、前日に応援に駆けつけたレディー・ガガなのかな、とも思うんですよ。黒い衣装に、リーゼント風の髪型…。氣○團に見えたのは私だけじゃないはず。




週末スクの結果そろそろかな~。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント