地獄への距離は3758マイル、天国へは17億9999万5000マイル

今日も楽しく三田キャンパスでお勉強。

楽しい楽しい経済史です。


試験2日前だというのに、まとめが終わってないどころか、そのまとめも第5章までしか進んでおりませぬ…。(何度も言いますが、第9章までありますとよ)


この教科書、読み物としては面白いんです。面白いんですが、なんというか、表現がまどろっこしいんですよ。言い訳ですが。言い回しも文学チックだし。古い漢字も使われていたりして、頭にスッと入ってこないんです、私には…。


今も、「…16世紀末の書物には、地獄への距離は3758マイル、天国へは17億9999万5000マイルと記されている…」と書かれているのを見て、


天国遠過ぎじゃない
5000マイルにこだわる必要あんの
ざっくり18億でいいやん
てか、数字具体的過ぎやろ


って教科書相手にひとりツッコミ。


教科書改訂を待つっていう手も、考えなきゃかな~。



先日山食で食べた若き血ラーメン。美味しゅうございました。




にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

経済史・・・

そんな記載、覚えてないなーと思ったら、私は前回4章までで脱落したのでした。。。
読みにくいよね。。。
そして、読み物としても面白くないと思う私。。。

Re: 経済史・・・

Matariさん

ついでに言うと、この記載のあとに「この数字には意味がないが…」って続くんですよ。だったらここまで細かく書く必要あんの〜?ってなるんです。

木を見て森を見ずな私には、釣られ所が満載です。(~_~;)